一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202012 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202102
東寺北庭
私は東寺の北庭から眺める五重塔が好きなんです。
写真的には北から南を眺めることになりますので、常時逆光になるセオリー違反です。
でも、南の九条側から眺めるより情緒があっていいもんですよ。
カビ玉のテストにも最適です・爆

(1) 東寺北庭#1

(2) 東寺北庭#2
この写真にも”もやっ”が出ていますが、これは直射入光を手フードでハレ切りしたら消えました。
フードの力不足によるものでして、例のカビによる”もやっ”とは別物です・笑

(3) 東寺北庭#3

池の太陽光反射を入れて撮ってみましたら、さすが15枚玉ですね、ゴーストが出てきました。
手フードで直射入光のハレ切りをやりましたら、かなり改善されました。
この類の撮影では、特にワイド端が広角のズームレンズの標準フードではお手上げですね。
(4) 東寺北庭#4  (5) 東寺北庭#5


CANON T-70 / New FD 35-105mm F3.5 / Konica Minolta Centuria 400


関連記事

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
一眼レフだとハレ切りが手で補えるので良いですね。
私は距離計でもやりますが、時々指が入ります・笑
2008/12/24(水) 21:18:05 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、ハレ切りは一眼レフの独壇場と思ってましたが、RFでねぇ・笑
レンズに掌で影を作ってやれば理屈はオッケーですけど、普通はやらんでしょう。
私は一眼レフでやっても時々指が写ります・爆
2008/12/24(水) 21:49:50 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
そちらだとアッというまに増殖しそうです。
部屋の湿度42%で乾いて干からびそうです(爆)。
2008/12/25(木) 09:44:33 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
これは、上等じゃないでしょうか。
ズームは、元々下手がもっと下手になる気がしてなかなか使えないです(笑)。
今デジタルEOSKissFでは、18-55っての使ってますが確かに便利ですよね。
2008/12/25(木) 10:22:57 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
foresterさん、カビは気にしだしたらきりがないですよ。
梅雨時から夏の湿気がまさにトロピカルの大阪でもこの程度で収まってますから・笑

サムスルさん、「下手が更に下手になるズーム」ってけだし名言ですね。 _〆(..)メモメモ…
確かに自分の経験でもズームを使いますと兎に角ズボラをかましてしまいますね。
昔はズボラかますって言えば、「これ一本」で単焦点を工夫して使ったものですが。
2008/12/25(木) 11:12:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
すみません、偉そうなことを…(笑)。
ファインダーを覗く前に、遠近感の演出を変えようとしているときは良いのですが、
いつの間にか知らず知らずのうちにズームでフレーミングしている自分がそこにいるのですよ。
2008/12/25(木) 12:12:10 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
何を仰いますやらサムスルさん、
私もついついズームを持って行って、その場で自分が動かず覗いてフレーミング、
いわゆるお手軽でやっつけてしまうことが多くなりましたので、大いに反省なんです。
こないだの撮影では、モノクロは200mm一本勝負、200mmだけもってそれで撮れるものを探しました。
ズーム使うときでも、場面を見て先に焦点距離とアングルを決めて構えるように気をつけています。
2008/12/25(木) 13:01:34 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
この五重塔は、良いですね~さすが知り尽くしている方のアングルですね!
手かぁ~使わないと損ですね・・笑
2008/12/25(木) 21:03:05 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、この五重塔はいい景色でしょう?
逆光で鑑賞や撮影には難儀しますが、シルエットで見える姿がお気に入りなんです。
手フードは傍で見てると変な格好して踊ってるみたいですけど、実に有効ですよ・笑
2008/12/25(木) 21:21:24 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.