一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202012 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202102
八條内田町
(1) 八條内田町#1

東寺の西側、壬生通を挟んだあたりは昔からの住宅地になっています。
西は新千本通あたりまで、北の東寺通と南の九条通に囲まれた範囲です。
このあたりは旧家も残ってはいますが、建て替えられた家屋も多く、見た目は下町の住宅街、
細い路地(突き抜け)や辻子(づし)と呼ばれる袋小路の路地内路地が複雑に入り組んでいて、
路地内の雰囲気は大正、昭和の頃から変わっていません。
家は新しくなっても空気や住人は昔のままの生活が続いています。

(2) 八條内田町#2

(3) 八條内田町#3

路地の突き当たり壬生通には東寺の土塀を背にして町の祠が置かれています。
町内にも一尺角くらいの狭い場所にお稲荷さんや地蔵さんが見かけられます。
(4) 八條内田町#4

町内ではどこかでこのように古い家を取り壊し、立て替えの家が現れてきますが、
格好は新しくなっても敷地や間取りは大して以前と変わらず、というのが多いです。
(5) 八條内田町#5

こういう新陳代謝を繰り返し、町は徐々に新しくなっていきますが、
路地はそのまま残っていますので、再開発のように景色が変わって見えることはありません。


CANON T-70 / New FD 35-105mm F3.5 / Konica Minolta Centuria 400


関連記事

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
大切なものは、しっかり理解しての変化は、歓迎だと思いますが、分からないやつが多すぎます。
2008/12/28(日) 21:44:55 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、いい意味でも悪い意味でも京都ではご近所の目というのをすごく気にします。
「こんなんしたら、お隣さんに悪い」とか、「うちだけ色変えたりでけへんもんなぁ」とか、
たまにこんなのが息苦しく感じることもありますが、それで町の調和も保たれますね。
ですから、『よそさん』が何かしようとしたら抵抗がものすごいですよ。
2008/12/28(日) 21:53:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
京都の町並みが保たれる理由ですね。最初と
最後のカットが印象的です。
2008/12/29(月) 00:44:30 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、京町家は観光客にも人気ですが、今の生活には何かと不便なのです。
生活者として何とか暮らしよくしたいというのは当たり前のことですよね。
造作をいじらないと生活は継続できません。いじるときに近所との関わりを考え、
変わりなく続けて住めることが大切なんだと思います。
2008/12/29(月) 10:59:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.