一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202012 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202102
太閤塀
三十三間堂の境内東南端、築地塀の外にに南大門があり、
その築地塀は南側から東側にかけて境内を囲んでいます。東北側は回廊塀になっています。
これは豊臣秀吉が寄進した塀で、通称「太閤塀」といわれています。
桃山時代に造営された立派なもので、重要文化財になっています。

(1) 太閤塀#1

(2) 太閤塀#2 (3) 太閤塀#3

東側正面には東大門があり、そこは見事な作りの回廊塀になっています。
(4) 太閤塀#4

築地塀や東大門、回廊塀からは三十三間堂を正面に見ることができます。
(5) 太閤塀#5

太閤さんやらやんごとなきお方が参拝される時には、先ず南大門を入り、
築地塀沿いに北に進み、東大門から三十三間堂に進まれたのでしょうね。

ここはお寺でありますので、小振りですがちゃんと鐘楼もあります。
(6) 太閤塀#6


CONTAX T3 / Sonnar T* 35mm F2.8 / KODAK 400TX ND-76 1:1 23.5℃ 8分


関連記事

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
これだけ長く大きい割りに小さな鐘なんですね・笑
休憩のベンチで一服と言うのは、できそうにもありませんね・・
2009/02/27(金) 19:33:44 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
豊臣秀吉が寄進した塀が現存しているのですか?
全体のスケールが全く違いますね。
さすが京都!
と言う感じですね。
2009/02/27(金) 20:46:34 | URL | doru #-[ 編集]
nonakaさん、本堂はあれだけ立派なのにね・笑
実はあの三十三間堂と太閤塀以外にはこれといって記憶に残ってないんですよ。
多分昔はここで一服しながら三十三間堂をゆっくり眺められたと思いますが、
今では境内全面禁煙になってます・涙
2009/02/27(金) 21:19:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
doruさん、秀吉の寄進したものはあちこちに残ってますが、
それぞれがとんでもないものなんですよ。あの人の財力って凄いもんだったんですね。
あの金閣銀閣でも当時の将軍の「別宅」ですからねぇ・・・・
2009/02/27(金) 21:27:20 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
国宝・重文ですから境内で一服は認めてくれないでしょうね。
お寺だったとは!。
2009/02/27(金) 21:39:13 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、一応天台宗の別院らしいですよ。
元々は後白河上皇の離宮庭先に建てた仏堂が起こりと言われてますが、
庭先にこれですから、どんなご邸宅だったんでしょうね。想像もでけん・汗
2009/02/27(金) 21:57:33 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
立派な塀ですね。もちろん補習はされているのでしょうが、
ここの格式がわかる豪華さです。

確保しました・笑
2009/02/28(土) 00:07:40 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、この塀も回廊もずいぶんきれいでしたから、相当手入れされていると思います。
こういうものは作るも大変、守るも大変、受け継いでゆくのに相当根性が要りますね・笑

>確保しました・笑

早っ! お送りいただいたら加工させていただきます。
2009/02/28(土) 00:13:06 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.