一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201908 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 201910
後補機
布原を発車した伯備線の下り貨物列車ですが、先頭の機関車だけでなく、
列車の後方からも煙が見えています。この列車には後補機が付いていました。
さすが長編成400トン超級の列車だけに後補機が付くんだな、などと感動。


(1) 後補機#1

(2) 後補機#2

(3) 後補機#3


近づく後補機をよく見ますと、逆向き(バック運転)になっており、しかも2両が連結されています。
これは余り資料に残っていませんが、変則三重連とも言える貴重な運用でした。

(4) 後補機#4

(5) 後補機#5

何でやろねぇ、などと悩んでいるうちに貨物列車はさっさと山蔭に消えていってしまいました。

(6) 後補機#6


一般に補機をつけるのは後補機の形態でつなぐのが多く、言ってみれば後ろから押してやる、
そんな形で坂道に挑みます。この布原のようにほとんどが前補機の形態ですと、
頑張ってる機関車を前から引っ張ってやるという形になります。

基本的には後補機形式の方が効果も安全性も高いと言われているのですが、
可減速が多く、列車が長編成になると機関車間で息を合わせるのが難しくなります。
機関車同士がぴたりとくっついていた方が息を合わせやすいというのも一理あり、
補機の連結や開放と線路などの施設レイアウトの関係で前補機か後補機か決めうちになる、
なんて言うのもあります。そして、登り坂トンネルが多い区間で後補機ですと
本務機の出す煙がトンネル内でこもり、後補機で窒息事故になるおそれもあります。

ですから、後補機を原則としながら各路線の事情で前か後かの運用が決まります。

この重連後補機というのは、補機開放駅での運用の都合か牽引重量の関係で後補機が有利、
という判断があったのかもしれません。
逆向きというのは、補機側の煙害を少しでも少なくするという工夫なのかもしれません。
まぁ、単純に切り離した補機を短時間で新見に帰したいということかも知れませんけどね。
いずれにしても、この補機2両ともテンダーに前照灯が付いていませんので、
逆向き進行では編成の先頭には立てませんね。


1968. 3. 28 布原信号所
ASAHI PENTAX SV / SUPER TAKUMAR 135mm F3.5 / NEOPAN SS  Microfine 10分


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、MADAMさん。
ふげぇ~怒濤の鉄ラッシュ☆
でもなんかいいなぁ・・・こんな風景もう二度と見られないだろうから・・・
2009/09/18(金) 20:55:04 | URL | みやっち #smiPhBPU[ 編集]
トンネル内って、DD51でも、暑苦しくなって大変なんですよ・・ましてやSL・・運転したかったけど、しなくて正解だったかもね・・複雑でっす
2009/09/18(金) 21:03:38 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
みやっちさん、久々のお出ましですね。
そうですよ、久しぶりに来てみれば怒濤のテツ写真連載中・笑
でもテツ写真といいながら、ここはジオラマみたいにいい景色が広がってるでしょ?
久しぶりに引っ張り出したこの写真を見て、山の中腹の草むらに寝転がって
ぼけぇ~っとこんな景色を眺めていたいなぁ、なんて思うんですよ。
2009/09/18(金) 21:09:48 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、上り坂のトンネルだと窓を閉め切った客車でも隙間から煙が・・・・
ましてや蒸気機関車の運転席なんたら、もうケムケムでやってられんでしょうね。
北陸本線が山線だった頃、あそこの機関士さんは助手共々全学連みたいな格好で
タオルでマスクしてましたもんね。C58の密閉キャブとD51のオープンキャブ、
どっちが楽なんでしょうね。
2009/09/18(金) 21:16:24 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
4枚目の作品は、煙のたなびく方向でバック走行しているのが判りますが、煙がなかったら重連のすぐ後に車掌車が連結されている?なんて思っちゃいます。
変則三重連は、近づく時と遠ざかる時とでどんなふうに音が聞こえるんでしょうか、興味津々です。
2009/09/18(金) 22:01:46 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
通常ヨは編成の一番最後ですから位置はあってますね。でもこの形態はこちらでは見かけた気憶が無いですね。
狩勝も前後だったし、室蘭本線は前だけだったなー。列車無線も無かったでしょうから機関士の阿吽の呼吸ですね。
2009/09/18(金) 22:12:31 | URL | forester@博多 #2ukxmIo6[ 編集]
maimaiさん、煙がなかったら絶対にこっち向いて走ってきてるとは見えませんね・笑
それだけ常識ではあり得ない後補機の重連でした、ある意味三重連より感激してしまいました。
音は一旦本務機の音が近づいて遠ざかり、それとラップして後補機の音が段々大きくなってきました。
さすがに重連の協奏は、目の前を通るときに腹の皮が揺れるほどの低音で伝わってきましたよ。
2009/09/18(金) 22:32:36 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
foresterさん、常識的にはヨは最後尾ですが、各停貨物では両端がヨ、中間にもヨ、
こんな編成は時々ありました。正向きの後補機は結構見た記憶が多いんですけどね。
機関車の呼吸あわせは長短汽笛の組み合わせで先頭車が指示します。
後部の機関車はその汽笛を合図に即座にするか、ある程度ディレイして操作するか、
列車にショックを与えないタイミングを選んで同期するように運転操作します。
2009/09/18(金) 22:39:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こんばんは。
これですよ。これ。私が推す「貨車を機関車で挟む4WD方式」(笑)
それはさておき、3つも機関車があるとどれか足手まといになってる気がするのですが。。
機関士達はどうやって動力の均衡(分配)みたいなものを知るのでしょうか?
2009/09/18(金) 22:45:57 | URL | kazu #4705bX82[ 編集]
kazuさん、4WDとは上手いこと言いますねぇ、、、、まさにその感じです・笑
せっかくパワーを倍々にしてるのに、足手まといになってはいけませんので、
ちゃんとパワー倍増になるように機関手さんが同期とって運転してるんですよ。

> どうやって動力の均衡(分配)みたいなものを知るのでしょうか?

これは身体で覚えています。先頭の機関手が操作変更するときに汽笛で合図を出します。
後の機関手はその汽笛を聞いて、絶妙のタイミングで列車に衝撃を与えないように操作します。
ちゃんと操作しますよぉ、という返事も同じ符号の汽笛で返すんですよ。

車でもマニュアル車でギアチェンジのタイミングとかダブルクラッチでのシフトダウンとか
いちいち考えないでも身体が覚えていて自動的に反応するでしょ。それと一緒・爆
故障車で牽引される時、ロープの張りを常に注意し、ブレーキ操作も細心の注意、
停まった時にロープが緩まないよう、後続の機関車はこんな感覚で操縦することになりますね。
2009/09/18(金) 23:25:55 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
詳しいことは、分かりませんが、色々あるのですね~
ラストの写真・・バックのボケ方が印象に残りました!!
2009/09/19(土) 06:34:53 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、機関車で引っ張ったり押したり、補助機関車付けたり、
この当時は列車で見られる機関車の連結の仕方のほぼ全パターンがここで見ることができました。
しかも午前中の半日でカバーしますから、まさに生きた博物館ですね。
2009/09/19(土) 08:44:20 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.