一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
刈入後の棚田
それでは下影の棚田に入ってみます。
もう刈り入れが住んで大半の稲は山の上の日当たりの良いところで干されていますが、
まだ少し田圃に残っていました。この日にでも運び上げられるのでしょう。

(1) 刈入後の棚田#1

あぜ道をちょっと外れる蜘蛛が立派な巣を張っていました。

(2) 刈入後の棚田#2

棚田の回りにはサルやシカやイノシシが入ってこないように電流の通った針金が張られ、
スズメ脅しでしょうか、風で揺れるものがそこここに仕掛けられていました。

(3) 刈入後の棚田#3

(4) 刈入後の棚田#4

棚田の低いところには斜面の上に刈り入れた稲を運び上げるロープウェイ?
ウインチで巻き上げる滑車用のワイヤーロープが張られていました。

(5) 刈入後の棚田#5

棚田で刈り取った稲は一旦ここに運んで集め、ここから一気に山の上に運んで天日で干すのでしょう。
前記事でご紹介した受け取り側はこんなところになります。

(6) 刈入後の棚田#6

稻束はこんな具合に干してありました。

(7) 刈入後の棚田#7

棚田での水稲耕作は平地の広い耕作地に比べ生産性は極端に低く、
労力の投入は数倍の規模で必要なんでしょうね。
食糧事情が改善された現在では純粋な農業としての営農は難しいのがよく分かります。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D
              / KODAK 400TX   ND-76 1:1 23℃ 8分 (1)~(5)
              / NEOPAN 400 PRESTO  ND-76 1:1 23℃ 8分 (6)(7)


関連記事

テーマ:秋の彩り - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
食料不足・米本位制の時代じゃないですから弥生の時代に戻す時が来ているのかも知れませんね。
2009/10/11(日) 21:40:53 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、とにかく米を作らないと生きていけない時代でなくなったので、
耕作困難地は次第に見捨てられていきますね。特に棚田は1枚あたりの面積が小さく、
水利用水確保も困難、まず最初に見捨てられるのは仕方ないかなと感じます。
2009/10/11(日) 22:09:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
限界農村が増えてこの国はどうなるんでしょうかね??
この光景、いつまでも残ってて欲しいです。
やはりあの農家な光景が一番好きです。
ウチの島じゃ稲作は絶滅に等しいです。と言うより瀬戸内全般かな??
地産地消を進めるべきですね。後継者問題も含めて。
働き手がいないより、働く意欲をそがれる程、魅力を奪われてる状況ってあるんですよ。
瀬戸内のスーパーでさえ、北海道産のコシヒカリが平然と売られてますし・・
あれっておかしいです。やっぱ・・
2009/10/11(日) 22:25:02 | URL | フジッペ #-[ 編集]
フジッペさん、地産地消しようにも物流が発達し過ぎて、
新鮮なままで安全に遠方に運べるし、諸外国に比べて高いけれど昔よりは安く送れる、
しかも情報化社会が進行してますので、余所がどうかすぐに分かってしまいます。
ですから消費者の立場からすれば地産地消ではストレスがたまってしまいます。
消費者の過半は、実はサラリーマンなので、生産者としての連帯が地域で持てないんです。
中央集権、全国均一を国策として進めてきたので、地域が自前でというココロが消されたと思います。
全て中央の指示でしか動けないところが地域弱体化の根本だと思うのですが。
2009/10/11(日) 22:52:45 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
日本の農業問題は、日本の構造そのものにありですね。
農業だけで解決できない重さを感じます。
2009/10/11(日) 23:58:44 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
米作りだけでなく棚田の維持(水漏れ)とかもやらなくてはならないですから、維持は大変ですね。年々放棄されるというのもわかります・・難しい問題ですね
2009/10/11(日) 23:58:49 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
kanさん、日本経済は日本共産主義と言われましたが、
農は農、工は工、他は知らんという経済構造は全てを非効率にしますね。
棚田という日本の原風景も農業経営という括りだけで保全は難しいと思います。
2009/10/12(月) 08:26:10 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、今回棚田をじっくり見て回りましたが、水を行き渡らせるのは大変な事業ですね。
維持費ってのは結局労力にもなりますが、高齢化と離農でこれが絶対的に足りない、
ここに目処をつけない限り放棄せざるを得ない状態が続くと思いますね。
2009/10/12(月) 08:30:42 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
おはようございます。
広島も山が多いので棚田はよく見かけますが、ロープウェイを使うなんて初めてです。
勉強になりましたmm
天日干しの米 食べたいなぁ~。。
2009/10/12(月) 09:08:15 | URL | kazu #4705bX82[ 編集]
田舎に行けば、マダマダ棚田が一杯ありますよ。
やっぱり人口というか、若い人が増えないとダメですね。
2009/10/12(月) 11:33:59 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
こういう景色を見せていただいていると、
田舎の温泉に行きたくなります。
正月はゆっくり温泉行きたいな~~なんて・・

2009/10/12(月) 12:59:36 | URL | doru #-[ 編集]
今日は地下鉄お代官さまのお供を仰せつかり、
朝から視察のご案内をしておりましたのでRESが遅くなってしまいました。

kazuさん、昔はえっちらおっちら斜面の上まで人手で運んでたんでしょうね。
刈り入れ後の乾燥には日差しがたくさん欲しいですからねぇ。重労働だったんでしょう。
働き手が減り、加齢も進み、ということで致し方ないところもあるんでしょうね。
2009/10/12(月) 17:36:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
サムスルさん、まだ全国各地で棚田は残っていますし、アジア地域でもかなりあるようです。
日本では一部は観光事業を兼ねて副収入を得るようにしたりして懸命に守ってますね。
しかし、注目されない棚田はどんどん放棄され、原野に帰って行ってます。
減反政策でも実質仕切っている農協にすれば手間の掛かる棚田を真っ先に切って
収益向上を目指してしまいますからね。
2009/10/12(月) 17:39:59 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
doruさん、ここは徳島ですよ、四国ですよ、お郷の近所ですよ・笑
今とても忙しく、体も心も酷使しているときだから、温泉渇望、、、分かるなぁ。
是非是非一段落つけられて、お正月にでも湯治三昧でリフレッシュしてくださいね。
2009/10/12(月) 17:42:45 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.