一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202010 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202012
二重うだつ
徳島県つるぎ町貞光、ここは二重うだつのある建物が残っている町として有名です。
ここは江戸中期から昭和30年頃にかけて吉野川沿いの交通の要衝として、
また、山村から蚕繭、煙草、蒟蒻を集め、農具や楽品、日用品を送る商業の中心地でもあり、
長く下流の脇町(先に黄門まつりでご紹介)とともに二大商業地として繁栄しました。

ここでは剣山に向かう街道沿いに商家が軒を並べ「うだつ」が多く残されています。
特にこの貞光ではうだつが二段重ねの二重うだつとなっており、ここ以外ではなかなか見られません。


(1) 二重うだつ#1

(2) 二重うだつ#2

(3) 二重うだつ#3


ここ貞光ではうだつには「卯建」という漢字を当てているそうです。
暫くこの街並みを散策することにします。


FUJIFILM GA645zi / SUPER-EBC FUJINON ZOOM 55-90mm F4.5-6.9 / FUJICHROME PROVIA 100F (RDPIII)


関連記事

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
うだつが二重に上がる?美的感覚の世界でしょうか。
一段目は装飾の意味が強いと感じました。
ググッてみると脇町は出てきますがココはナカナカ出てきませんね!ということは穴場?
今後の展開を期待します。
2009/10/13(火) 19:44:43 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、二重うだつって珍しいでしょ? 他では見ないもんね。
何で二重なのか、、、昔はそれだけ羽振りが良くて張り合ってエスカレート?
それくらいしか分かりませんけどね。
実は脇町は広域合併で美馬市の中に入り込み、美馬市の観光目玉になってるんで
それだけネットなどでの広報露出が多いし、黄門まつりもあって出易いんでしょう。
ここ貞光は広域合併に加わらずつるぎ町のまま、自治体規模と財政力から
大がかりな開発や広報ができないのでひっそり口コミで、ということかな。
脇町は電線地中化なんかしてますが、貞光の方はあるがまま、
そのまま見てちょうだいということになってます。できる範囲の保全ということで。
2009/10/13(火) 20:14:31 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
あるようで見たことないですね~貴重ですね。
こう言う物は、地域ぐるみ、いや国で大切にして欲しいですね!
空の青が、凄くキレイです!
2009/10/13(火) 20:20:59 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、私も二重うだつの現物を見たのはここが初めてです。
今つるぎ町ではボランティア活動などで保全に努めていますが、
道路整備や駐車場、食事処など観光客を大勢受け入れるための施設には手つかず、
通りも電線だらけで裏に回れば今どきの家が新築されていたり、大変ですわ。
廃屋となったのを整備して保全するまでは手が回らず、相当しんどいみたい。
空の青さは、、、リバーサルフィルム効果とアタシの晴男ぶりを褒めて下さい・爆
2009/10/13(火) 20:38:06 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
お! 645にズームですか?
豪勢ですね~
当地ではHIROさんの地元、美濃でうだつが見られますが
二重うだつは始めて拝見しました。
有名な場所らしいですね。
さすがに四国は九州時代に一度訪ねただけです。
更にアップして下さい♪
2009/10/13(火) 22:33:40 | URL | めだか猫 #grGQ8zlQ[ 編集]
瓦のうだつは、初めて見ました、立派ですね。
壁の白と青空、綺麗ですね。
当方、今年の夏は休日の青空にあまり会ってないような気がします・・・、秋空に期待してます。
2009/10/13(火) 22:36:25 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
初めて拝見致しました。すばらしい技ですね。
大火とか昔はあったんでしょうね・・すばらしい
空の青さと意匠に期待致します。晴男さま~
2009/10/13(火) 22:46:45 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
ここの二重うだつは知る人ぞ知る珍なるものらしいですね。
サスガの旅人猫さんでも未制覇でしたか。
現物をすぐ傍で見ますと、立派で壮麗ではありますが、
何でここまでという気持ちも少々起こってしまいますな。
このGA645ziはアタシの取って置きですからねぇ、
いざというときには大抵これを持ち出しますね。
2009/10/13(火) 22:50:46 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
私も同じ、この爽やかブル~がたまらなく好きです♪
あぁ~ちょっとだけ救われた気分。
2009/10/13(火) 22:52:03 | URL | みやっち #smiPhBPU[ 編集]
亜哉さん、この日の天気は山間部の澄んだ空気もあって
「天高く馬肥ゆる秋」のまさにその天高き晴天でありました。
こういうお天気に白壁は映えますね。フィルムには非常に厳しい条件ですが・笑
この二重うだつは凄いでしょう?  よくぞここまでという豪勢さでしたよ。
2009/10/13(火) 22:56:02 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
maimaiさん、うだつには本屋根の下で壁と一体に延長された形のもありますが、
私が今まで見たのは小屋根をつけてうだつが独立して見えるようになったのが多かったです。
この日は時々雲は出るものの抜けるような青空で、白壁が目に痛いくらいでした。
やっぱり晴天の秋空は気持ちがいいです。
2009/10/13(火) 23:03:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
みやっちさん、この澄み切った青空は前夜満天の星を見せてくれたきれいな空気のおかげ、
この自然の力に感謝感謝ですよ。温暖化に異常気象と不安材料は山積していますが、
まだまだ自然は頑張ってくれています。それに応えた対応を我々もしていかないといけませんね。
今ならまだ間に合いますよ。
2009/10/13(火) 23:06:43 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
これがあるとお金持ちというわけですね。
こんな形は始めて見ました。
2009/10/14(水) 00:04:29 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
kanさん、うだつが財力を示すともいえますね。
小屋根や飾り瓦も実に凝ったもので、鬼瓦など目を見張ります。
うだつ自体が珍しいものなのに、二重うだつは特に珍しいと思います。
2009/10/14(水) 08:32:19 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
もし建物も、中国から伝来したとすれば、隣との境はこれで持たせていたのではと思います。
今でもこちらでは中国の家の並び方…境の壁を共用しています。
2009/10/14(水) 10:02:40 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
うだつが上がらぬ私には、ダブルなんて羨ましいです!!
徳島に行かれたんっですね。
私はもう何年行ってないかな??
2009/10/14(水) 10:24:38 | URL | doru #-[ 編集]
サムスルさん、本来は防火壁という機能もあったのだと思いますが、
こちらでは二戸一、三戸一の仕切りという形はなく、すべて独立していました。
後年のうだつの目的が財力を誇る装飾という方向に転化してきたと思います。
ですから共用ではなく孤高独歩、オラがオラがの気概のシンボルでしょうね。
2009/10/14(水) 10:32:11 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
doruさん、「うだつが上がる」のはあくまでも結果、
「うだつを上げる」ことが肝心なんですよ。さぁ、今から上げましょう!
ここはdoruさんの懐かしの地、徳島です。
脇町の方はシンプルうだつでお手頃になっとりますが・笑
2009/10/14(水) 10:36:30 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.