一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202008 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 202010
貞光のうだつ
街道沿いのうだつが上がっている商家です。
こういう形態が大体標準的なスタイルのようです。

(1) 貞光のうだつ#1

うだつをアップにしてみると思っていた以上に凝った造りです。
小屋根には鬼瓦が付いており、それが二段になっています。
ここは更に上段の小屋根が切妻造り、下段が寄棟造りという凝りようです。

(2) 貞光のうだつ#2

こういう立派な蔵にもちゃんとうだつが上がっています。

(3) 貞光のうだつ#3

(4) 貞光のうだつ#4

うだつが上がっている家が二軒並んでいたら、こんな感じになります。
我らが見慣れた軒を接してという風景にはなり得ないですね。

(5) 貞光のうだつ#5

こちらでは「うだつが上がる」という言い方ではなく「うだつを上げる」と言います。
自分で苦労して稼ぎ、家を普請してうだつを上げられるよう頑張る、
そういう商売人の心意気を具現化したものだそうです。


MINOLTA DYNAX 3L / MINOLTA AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D / NEOPAN 400 PRESTO ND-76 1:1 23℃ 8分


関連記事

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
うーーん!電線の地中化をやるとうだつを上げる事が可能ですな。
歴史的な景観ということで残すべきですねー。その前に町のうだつを上げなきゃいけないか!
2009/10/14(水) 20:29:55 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
3枚目が好きです。
昨日のと併せると空の青さが想像できて良い感じです☆
2009/10/14(水) 20:50:38 | URL | みやっち #smiPhBPU[ 編集]
foresterさん、電線地中化もさりながら現役建物の保全で手一杯なんでしょうね。
貴重な二重うだつなので、最低限今の状態は後世に遺して欲しいと思います。
今この町のできることは精一杯やってくれていると思いますから、あとの+αね。
2009/10/14(水) 21:34:01 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
みやっちさん、最初に昨日のカラーカタログを出しておいて正解でしたね・笑
3枚目は商店本体ではなく蔵のうだつでしたが、この町で一番ボリューム感がありました。
残っているうだつのある建物は手入れが行き届いていて、晴天に白壁が実に似合いました。
2009/10/14(水) 21:37:23 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
上がるんじゃなく上げると言うのですね!
正式なような気がします。
それにしても立派に上げてますね~
2009/10/14(水) 21:39:59 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、上がるのを待ってるんじゃなくて自分で上げるものだそうですよ。
実に立派すぎて、建物より目立ってしまいます。まぁそれが狙いなんでしょうけど。
doruさんも「上げる」って張り切ってましたよ。
2009/10/14(水) 21:46:58 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
瓦屋根自体が珍しいのに、二重うだつはとても立派ですね。
頑張った結果で『うだつを上げる』、なるほど・・・日々是研鑚で『うでを上げる』のも同じですね。
2009/10/14(水) 22:12:50 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
maimaiさん、このあたりは元々強力な地場産業があるわけではない土地なので、
ここで頑張ってうだつを上げるのが自分へのご褒美であり、目標だったんでしょうね。
脇町は一重でしたが、下流の脇町と張り合っていた貞光ではその上ゆく二重になったのかな。
脇町の人は貞光に来ることはあまりないけど、貞光の人は商売で移動するとき脇町を垣間見ますから。
ささやかでもあり、大袈裟でもあり、根性のあるお話だと思います。
2009/10/14(水) 22:39:17 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
なかなか凝ったものですね。役に立つかという
点では不要ですが、これだけ立派だとそれだけで
価値が出てくるように思います。
2009/10/14(水) 23:02:43 | URL | 名無しの権兵衛 #mQop/nM.[ 編集]
名無しの権兵衛さん、遠目にも近目にも実に凝ってましたよ。
まるで屋外に設えた床の間の風情でありましたな。
このうだつを上げたということでこの土地では
「あいつは偉いやっちゃ」と言われるとか、
我々の想像以上の価値を持っているようでした。
2009/10/14(水) 23:10:28 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
しかし、何で全国に広がらないんだろう。
それが不思議というか、この辺りは裕福なんでしょうね。
2009/10/15(木) 10:31:43 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
昨日サムスルさんがお書きになったように、本来は連棟の隣家との仕切り壁をせり出して
防火壁としたものが起こりのようですが、江戸時代から装飾的要素を持ち始め、
特に上方を中心に商人が自己の財力を誇示するために大掛かりで凝った作りにしていったようです。
本拠の大坂ではなく地方都市に残るのは、土地に余裕があり大掛かりに造作しやすいこと、
商家自体の数が少なくディスプレイ効果が大きいこと、あいつがやるならこっちも、
のような対抗意識から特定地方商業都市に集中したのではないかと言われています。
東京のようにせせこましく家屋が高集積すると、防火壁だけでは延焼防止の役に立たず、
そんな防火壁は無駄に場所をとるだけで土地が勿体ない、ということになるんでしょう。
2009/10/15(木) 11:09:40 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.