一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202009 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202011
平安神宮
暫くぶりの平安神宮です。

(1) 平安神宮#1

晴れ男が訪れるときにはいつもこの大鳥居が真っ青な空をバックに目に沁みる朱で迎えてくれます。

(2) 平安神宮#2

全く気にせずに知らなかったのですが、今年はアタシの本厄の年だそうです。
あららぁ、知ってしまうと無信心でも何となく気になって落ちつきませんねぇ。
ということで珍しくお賽銭を上げて二拍手二拝してきました・汗

(3) 平安神宮#3

平安神宮は明治28年(1895年)に平安遷都1100年を記念して京都で開催された内国勧業博覧会の
目玉として平安京遷都当時の大内裏の一部復元が計画され、博覧会の後は建物をそのまま使って
平安遷都を行った天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創祀されました。
こんな経緯から御所造りに準じた施設ですので、大拝殿の前には玉砂利の広い前庭があり、
右近の橘と左近の桜が植わっています。

(4) 平安神宮#4

まずは右近の橘です。見ただけで酸っぱい口になるような実が成っておりました。

(5) 平安神宮#5  (6) 平安神宮#6

そして、左近の桜であります。これは枝垂れ系ですね。
残念ながら開花にも黄葉にもあたらない中途半端な季節の訪問となってしまいました。

(7) 平安神宮#7  (8) 平安神宮#8

観光地としては超有名どころではありますが、ここは何度行ってもいいところだと思います。
周囲の岡崎一帯は文化施設も多く、ゆったり配置で緑も多く、楽しめるところです。


SONY α700 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.5-5.6D DC


もうすぐキリ番の”222222”になります。

キリ番、ニアピンを踏んだ方はぜひ宣言を!


ゾロ目キリ番の222222が近くなってきました。
うっかりしていて今回の景品はまだ思いついていないのですが、何か用意させていただきたいと思います。
常連さんでも、初めての方でも、キリ番踏んだ方はご遠慮なく宣言して持ってってください。

カウンターは一里塚トップページ当ブログ談話室(SALOON)の3か所にあります。
全て連動していますので、同時点では同じ値を表示します。
この共通カウンターならどの画面で確認されてもかまいません。
もうすぐキリ番

カウンターの進み具合は1日で大体150~200です。
前回キリ番 200000 からの平均は170弱ですので、出るのは11月早々かな?
ご参考に。


関連記事

テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
ありゃ・・自分は、前厄かな・??まったく気にしないので、何もしませんが・・笑
一枚目の迫力ありますね~!!キッチリお見事!!
2009/10/28(水) 19:07:46 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさんは前厄ですか、アタシは本厄よ・涙 気にはしませんが、気分はよくないわね。
ここの大鳥居はいつ行って見てもその大きさに感心してしまいます。
よくまぁこんなのを押っ立てたもんですね。明治維新後のイケイケの勢いでしょうかね。
この日はいつもどおり天は晴れ男に味方してバッチリの快晴でした。 (*^^)v
2009/10/28(水) 19:22:59 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
抜けのいい空に鮮やかな鳥居ですね~!
それにしてもほんとデカイ!! こんなに大きかったかな??って記憶が何故か定かじゃないです。(苦笑
平安神宮は中学の時の修学旅行を思い出します。ここはまた訪れたいですね。
僕は厄から外れてるな。ふっふっふっ、(爆
2009/10/28(水) 21:40:46 | URL | フジッペ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/28(水) 21:47:18 | | #[ 編集]
厄年など考えたこともなしに過ぎました。まあ
気にする人もいないと神社の営業が成り立ちません
から、気にする人は気にしてください・笑

いつもながらここは清々広々ですね。
2009/10/28(水) 22:10:03 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
フジッペさん、いい天気でしょう? アタシが行くときはいつもこうなんですよ・笑
一体このデカさはなんなんだ、と思いますけど、当時の明治政府はやっと国が一つになりかけ、
勧業博を機会にココロを一つに富国強兵に走りたいシンボルだったんでしょうね。
平安神宮はだだっ広いイメージがありますが、傍で子細に見ると実に細やか、
大人になってからじっくり見てみるだけの価値はありますよ。
2009/10/28(水) 22:15:33 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
kanさん、私もこの看板見るまでこの年で厄年なんて思いもしませんでしたよ。
お賽銭上げて、手を合わせてから歩き始めて忘れてしまいましたけどね・笑
平安神宮の価値を知ってもらうには修学旅行じゃなくて熟年旅行で行って欲しいです。
成り立ちや縁故を知れば知るほどなるほどと納得できる、実に配慮の行き届いたところです。
2009/10/28(水) 22:18:45 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
船長が中学!オイラは高校差が有りますなー。
厄年なんて気にもせず無信心に過ごしてきました。前・本・後無事通過!
朝から出かけておりましたが、最後の神社でお参りだけはしておきました。
きっといい写真が・・・最後は神頼み(爆)。
2009/10/28(水) 22:34:15 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、平安神宮は修学旅行の定番なんでしょう、今でも。
中学と高校の違いは距離の遠近の差なんでしょうな・笑
厄年は私も20代40代とも知らずに過ごしてしまいました。
というよりも忙しくてそんなことを気にしている暇がなかったですね。
趣味の写真でさえ休眠してたくらいの時期ですからねぇ。
2009/10/28(水) 22:58:26 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
こんばんは。
鳥居や社殿の朱色と空の青色のコントラストが鮮やかですねー!
竜宮城もきっとこんな感じなのでしょう^^
ちゃんと地に足をつけて真っ当に生きてる人には厄年なんて関係ないと思いますよ。
というわけで、もちろん私は神社で厄払いをしてもらいました^^;
2009/10/28(水) 23:09:00 | URL | kazu #4705bX82[ 編集]
 すっきり青空・・最近みていないです・・青いんだけど薄曇りとか・・涙
 平安神宮、やっぱり大きいですね。国家の威信をかけた建物なんですね
2009/10/28(水) 23:59:37 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
kazuさん、ここの大鳥居はいつ見てもその大きさに圧倒されますが、
鮮やかな色もその効果を高めていて、特にこんな快晴だと朱が目に沁みます。
竜宮城かぁ、、、そこまでは想像が膨らみませんでしたが、そんな雰囲気ですね・笑
残念ながら鯛や平目の舞い踊りは見られませんが・爆
厄年なんて関係ないわ、とは思いつつ、、、kazuさんもきちんとやってますがな。 (^_^;
2009/10/29(木) 08:36:44 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、当地ではこれから寒くなってくるとこんな秋晴れ、冬晴れが多いですよ。
平安神宮は大鳥居も白砂の庭も拝殿も庭園もとにかくスケールがでかいです。
当時の国際社会に対し明治政府が思いっきり背伸びした心持がわかる気がしますね。
前回はご案内していませんので、今度行ってみますか?
2009/10/29(木) 08:42:44 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
平安神宮の鳥居デカ!!
○○神宮というのは違う匂いがしますね。
それにしてもスッキリ青空!!気持ちいいです!
2009/10/29(木) 09:58:37 | URL | doru #-[ 編集]
そうえいば、ここでインドネシア語を使うとは夢にも思わなかったのです。
国際的な観光地ですから、当たり前といえば当たり前ですけど。
2009/10/29(木) 10:08:09 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
doruさん、何たって元々は国策国営神社ですからねぇ。
桓武天皇の偉業を明治大帝のお力でここまで盛大にお祭りしたという権威の誇示、
そこが出発点ですので、民主化?されてもその威容は異彩を放っています。
このスカッとした青空は今の季節が一番かもしれません。秋冬ならよく見られますが、
春夏の寝ぼけたような空気でも、それなりのすっきり青空で見えるのは
このでかさと朱色のパワーでしょうかね・笑
2009/10/29(木) 10:10:41 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
サムスルさん、そうでしたね、あの時のこと覚えてますよ。
話しかけられたあの留学生君の方がびっくりしてましたね。
そらそうだわね、こんなとこでまさか母国語で話できるなんてねぇ・笑
2009/10/29(木) 10:12:59 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.