一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
車折神社 2
車折神社がこの地で興ったのは12世紀後半と伝わっていますので、結構由緒古いところであります。
車折(くるまざき)というけったいな名称の由来につきましては諸説あって、どれがホントか分かりません。
たまたま何方かの牛車が社前を通りかかったら突然車軸が折れてしまったから、という説、
後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際、社前で突然車が前に進まなくなったので
祭神の清原頼業(きよはらのよりなり)に敬意を払い「車折大明神」の神号を贈ったという説、
などがまことしやかに伝わっています。

裏参道は鬱蒼とした雑木林や竹林の中を曲がりくねって進んでおり、
その参道も人がすれ違える程度となかなか風趣があっていい感じです。
参道沿いには奉納石が隙間なく列を作って並んでいます。

(1) 車折神社 2#1

その裏参道を暫く進むと本殿が現れます。
訪れた時は、ここもちょうど紅葉真っ盛り、静かな境内は朱に染まっておりました。

(2) 車折神社 2#2

(3) 車折神社 2#3

その御利益は境内摂社が多いこともあり、金運/良縁 /厄除け/学業/芸能と多岐にわたっております。
願い事をかなえる手順は、まず社務所受付にて祈念神石(きねんしんせき)を授かります。
祈念神石はお守り、またはお札となっていまして、それを持ち帰り、毎日成就の祈りを捧げます。
願い事が叶ったら、河原石を1つ拾い、その拾った石を洗い清めてお礼の言葉を書いて御礼奉納します。
併せて祈念神石(お守り、お札)も本殿の右側にある神石返納箱に返納します。

本殿前のお礼の石が積まれている所にはこのように沢山の石が御礼奉納されていました。

(4) 車折神社 2#4

静かといっても、境内では時々このように人のざわめきは聞こえます。

(5) 車折神社 2#5

京都の観光スポットは芋の子を洗う状態なのに、こんないいところが閑散としているのは勿体ない気がします。
とは言っても、できればこの静けさがずっと続いてくれると地元の者としては嬉しいのですが。


SONY α700 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.5-5.6D DC


関連記事

テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
キリ番・・自分にとって辛い時間帯でした~!笑

願いを石に書くのを見てこちらにある宇美八幡宮の
安産祈願で書いてあるを思い出しました。
2010/01/27(水) 21:25:33 | URL | nonakadesu #-[ 編集]
nonakaさん、今回のキリ番は働く者には辛い時間帯でしたね、残念。
宇美八幡宮の子安石も安産成就の御礼奉納でしたね。
あれは確かお払いを受けてもらって帰ったのを出産後にお納めするんですよね。
こちらのお札を貰って帰って、拾った石をお礼奉納するってのと微妙に違いますが、
心は同じなのかな。素朴だからこそ長く続く信仰なんでしょう。
2010/01/27(水) 21:55:52 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
鳥居と紅葉、綺麗ですね~。
御礼奉納された石がたくさんあるのは、願い事が成就したからなんでしょうね。

会社で10:30チョイト前にみたらキリ番過ぎてました。
昼頃かと思ってましたが速かったですね、次回頑張ります。
2010/01/27(水) 22:34:19 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
maimaiさん、ここの紅葉は実にしっとりとしてきれいですよ。
じつは、ここは春の桜でも見ごたえのある隠れた名所なんです。

キリ番はやっぱり最後の追い込みがすごかったですね。
たぶんマウスを休みなくクリックしていたんじゃないでしょうか。
これが職場だったらとてもできませんよね・笑
私もPC作業と打ち合わせの合間、10時頃と10時半頃に確認したんですが、
あっという間に過ぎ去ってしまいました。まさにアレヨ、アレヨ・・・
2010/01/27(水) 23:10:04 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
御礼奉納の石が良いトーンですね。こういう
しっとりとした描写は落ち着きます。
2010/01/28(木) 00:44:37 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
Kanさん、最近のデジカメは十分使えるレベルになってきましたね。
いわゆるデジっぽい彩度やコントラスト、色化けはほとんど見られなくなっています。
2010/01/28(木) 06:22:36 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ここは交通の便も良いのに静かでしたね。
紅葉もきれいでした。京都は各種の怨霊の集まりかな?
後者の方が尤もらしい気がします。
2010/01/28(木) 10:30:32 | URL | forester #2ukxmIo6[ 編集]
foresterさん、ここはそこそこ有名なのですが、それは多分珍名のせいかもしれません。
大した予備知識なしにわざわざ観光客が来てくれるような場所ではありませんからね。
行ってみれば魅力たっぷりのとてもいいところなんですけどねぇ・・・・
京都は怨霊の集まり、まさにその通りですよ。京の七口には全部怨霊伝説があります。
あの世には一般に天国と地獄があり、善行をしておけば死後は救われますが、
神道にある死後の世界は黄泉の国、ここは言ってみれば地獄でして、あの世は地獄だけ。
だから霊魂はあの世に行きたがらず、この世を未練げに彷徨い続けるのであります。
2010/01/28(木) 10:50:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
ここでしたか、細かい石に願いことを書かれていたのは。
いや、MADAMさんの案内抜きにこんな閑静なところは行けませんよ。
2010/01/28(木) 11:18:49 | URL | サムスル #8f0QfD5U[ 編集]
サムスルさん、実はこの後観光のメッカ嵐山に行くのですが、
チンチン電車でわずか4分で着いたところは芋の子を洗う混雑、真っすぐ歩けないほどでした。
ここの静かでのどかな雰囲気からは想像を絶するけたたましさでしたね。
2010/01/28(木) 13:49:19 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.