一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202007 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202009
いざ嵐山へ
車折神社の摂社芸能神社で奉納玉垣の有名人の名前を見てミーハーし、
堪能したところで本日の最終目的地嵐山に向かいます。
またまた嵐電に乗車するのでありますよ。これで今日は嵐電に6回目の乗車となります。

車折神社駅の嵐山方面ホームで電車を待っていますと、向かいのホームに四条大宮行きの電車が入ってきました。
この電車は太秦広隆寺駅んところで見た特装電車、1両目が江ノ電、2両目が化け電の編成でした。

(1) いざ嵐山へ#1

(2) いざ嵐山へ#2 (3) いざ嵐山へ#3

(4) いざ嵐山へ#4

その電車と入れ替わりに我々が乗る嵐山行きの電車が入ってきました。
おっと、これはレトロ電車の26号(金電)と27号(銀電)の2両編成ではありませんか!
ラッキーですねぇ、、、今日はついてるぞう、とイソイソと乗り込みました。

(5) いざ嵐山へ#5

途中2駅を挟んで乗ること4分ですが、レトロ電車を堪能して嵐山駅に着きました。
ホントは嵐山一つ手前の嵐電嵯峨で途中下車して嵯峨保津峡トロッコ列車を見に行きたかったのですが、
もう時間が押してきていましたので、泣く泣くパスしました。

(6) いざ嵐山へ#6 (7) いざ嵐山へ#7

これがレトロ車両の車内であります。なかなか風情がありますでしょう?
外観で目立つダブルルーフ(二重屋根)は本来外光取り込みの明かり窓なのですが、
この車両ではまるごとダミー、あの空間には車内冷房機が隠されているのであります。
この車両を含み嵐電の現役車両は武庫川車両製であります。この会社は元々は阪神電車御用達であります。

嵐山駅のホームに出て、金電、銀電の連結器のところで電車のお顔をパチり。

(8) いざ嵐山へ#8 (9) いざ嵐山へ#9

嵐山駅の改札口もホームもコンコースも大混雑でした。
ホームにある「駅の足湯」に入るどころの話ではありません。
電車に乗るのに嵐山駅は改札制限をしており、この時点で3本(30分)待ちとか・・・・
嵐山を回った後西院に行く予定でしたが、嵐電で行くのを諦め阪急で行くことに切り替えました。

結局この日は嵐電の1日乗車券で6回乗りましたが、嵐電は乗車1回ごとに均一200円なので、
全部個別に払うと運賃だけで1200円になります。1日乗車券は500円で乗り放題ですので、
3回乗るつもりなら1日乗車券の方がお得です。お得切符は上手に利用しましょう。


SONY α700 / SIGMA AF ZOOM 18-125mm F3.5-5.6D DC


関連記事

テーマ:京都の風景 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
降りた後でパッと乗って、パット降りた早業が
車内写真だったんですね・・あの時は、どうしたの?忘れ物?なんて思っちゃいました・・笑
2010/01/29(金) 23:57:02 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
ラストの電車は乗ってみたいですね~
もうずいぶん電車にも乗っていないです
2010/01/30(土) 10:07:25 | URL | doru #-[ 編集]
亜哉さん、あん時は後ろの銀電に乗っていったので、金電の車内撮ろうかなぁ・・・
そう思って降りたんですが、例によって1両目の金電はなかなか人がはけそうになかったので、
もう一度銀電に飛び乗って車内写真を押さえに撮りました・笑
2010/01/30(土) 11:41:16 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
doruさん、この金殿銀電のレトロ車両はなかなかよくできてますよ。
車内もシックで落ち着いた調度だし、照明も暗めで色温度も低く、雰囲気がよく出ています。
京都に来て嵐電乗るときはぜひ体験乗車してほしいですね。
2010/01/30(土) 11:45:56 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.