一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
202012 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202102
涅槃像と観音像
暫く季節ものをアップしておりまして中断していましたが、壺阪寺詣での続きを・・・・


壺阪寺の正面から階段を上り山門を入ったところに小さなお堂があり、
そこには涅槃像が横たわっていました。
普通は法衣を着けた姿で横たわっているのですが、
この小さな涅槃像は布団を被っていて、まるで普通に眠っているようです。

(1) 涅槃像と観音像#1

そして寺を見下ろせる高台の方に行きますと大きな広場がありまして、
そこには巨大な涅槃石像がありました。身長8mの大きなお釈迦様でありました。

(2) 涅槃像と観音像#2

一段と高いところからその背後を拝見しますと、更にその大きさが目立ちます。

(3) 涅槃像と観音像#3

涅槃像を背に更に上って行きますと、そこにはこれまた巨大な観音像がありました。
涅槃像の向こうのお山に見えておりましたが、身長20m、1200トンにもなるという観音石像でありますよ。
涅槃像とともにインドで作られ、60余個に分割されてここに運び込まれたとのことでした。

(4) 涅槃像と観音像#4

傍に寄りますと、見上げて首が痛くなるほどの巨大さでありました。
更に、台座を見ますと奉納された水子供養の童石像がいくつも・・・・
やはり不気味なのでありました。

(5) 涅槃像と観音像#5

いやはや、霊場というものは一種の肝試し的要素があるものなんですねぇ。


NIKON D40 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 GII ED
FUJIFILM GA645 Professional / SUPER-EBC FUJINON 60mm F4 / Agfa APX100 ND-76 1:1 23℃ 8分
FUJIFILM Finepix F710 / IR76

関連記事

テーマ:ちょこっとお出かけ写真 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
東大寺の大仏や鎌倉の大仏などはべつですけど、
最近の巨大像は非常に悪趣味な感じがして苦手です!
2010/05/30(日) 21:43:33 | URL | みのる太 #3/VKSDZ2[ 編集]
みのる太さん、最近の新しい巨大石像はもう一つよろしくない感じを受けますね。
機械彫りと言うのでしょうか、つるんとしてきれいすぎるのかもしれません。
そして、作者(デザイナー)の意図というか顔が見えてこないんですよ。
この彫像で何を訴えたいのか分からなくてただ美しい仕上だけ、
仰るとおり悪趣味としか見えないのが多いですね。
2010/05/30(日) 22:06:43 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
写真では赤外の効果か、それほど不気味ではありませんが
実際には存在感に威圧されるでしょうね。
最近の大きい像に感心しない話、同感です。妙にきれいで
訴えるものが無いです。
2010/05/30(日) 23:52:13 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
涅槃増に布団・・水子地蔵・・なななな、いろいろ
有りですね・・ホント肝試し的要素がたくさん・・笑
2010/05/31(月) 00:58:44 | URL | 亜哉 #6Rfj3HqM[ 編集]
kanさん、実物を目の当たりにしますとそのデカさに圧倒されてしまいますよ。
ただ、傍で見ても、遠目に見ても、デカさ以外に感動を覚えないのは何でだろ、
と考えますと、やはりきれいすぎること、寸分狂いなく機械加工された工作品、
そういうイメージしか涌かないからじゃないでしょうかね。作り手を感じないんですよ。
2010/05/31(月) 08:38:24 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
亜哉さん、何やら霊場巡りの肝試し、その感が否めませんでした・汗
心を感じないオブジェとしての人像は、冷酷な視線しか感じないので不気味です。
お寺さんとしては、そう感じられるのは不本意だと思うのですが・・・・
2010/05/31(月) 08:42:11 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.