一里塚|シャシンとカメラのお板
日々撮りためた写真やお気に入りのカメラ、プチ薀蓄などをご紹介しています
201911 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 202001
スクエア
昨日ご紹介した minolta 24 Rapid の試写をやってきました。
フィルムはネオパンSSを60cmに切り、ノッチGのASA100用カートリッジに突っ込みました。
場所は町内の近所といつもの京大農場です。


スクエア#1
(1) いつものY字路です。スクエアだといつもと雰囲気が違いますね。

スクエア#2
(2) ご近所のお宅の庭先に咲いていた鉢植えです。コントラストが強いのに良くディーテイルがでています。

スクエア#3
(3) 京大農場の作業棟です。省略無く精細に写ってますね。

スクエア#4
(4) 作業棟を真横から順光で撮ってみました。歪曲感もなく素直な描写に好感が持てます。

スクエア#5
(5) 最短撮影距離で撮ったものですが、前玉回転にありがちなグルグルも出ず、近接でも使えます。

スクエア#6
(6) 逆光の空に向かって木の枝を透かしてみましたが、潰れや飛びもなく良く描写しています。


やはりロッコールを名乗るだけあり、レンズには文句のつけようがありません。
これだけの性能で貴重なスクエア画面のカメラを、普通の35mmフィルム用で作って欲しかったなぁ、
そんな感想を持ってしまいました。


minolta 24 Rapid / ROKKOR 32mm F2.8 / NEOPAN SS ND-76 1:1 23.5℃ 7.5分

 
#66 minolta 24 Rapid



関連記事

テーマ:試写 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
正方形の作品はやっぱり安定感が感じられますね。
写りもさすがロッコールです。
コンパクトフィルムカメラをスクエアフォーマットに改造する、というのも判るような気がします。
2010/05/02(日) 20:33:24 | URL | maimai #/.OuxNPQ[ 編集]
デザインも写りも、素晴らしく、このまま埋没してしまうには惜しいカメラですね・・・。

2010/05/02(日) 20:43:03 | URL | みのる太 #-[ 編集]
maimaiさん、35mmのスクエアサイズカメラは珍しいので、不思議な感じがしますね。
解像度が高く、階調も豊かなレンズですので、画面だけ見れば6x6みたいですね・笑
撮る時もレンジファインダーで真四角なフレームを見ているととても新鮮でした。
2010/05/02(日) 21:29:05 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
みのる太さん、このようにデザインも性能もいいカメラが人知れず消えた、
不人気なフィルムフォーマットを採用した宿命とは言え、誠に残念ですね。
きちんとマジメに作られているだけに惜しいです。
2010/05/02(日) 21:34:03 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
オートコードを髣髴とさせるロッコールの描写ですね。
素晴らしい精細度で、先日テストしたミノルチナに通じ
ます。文句ありません。
これでラピッドでなければ文句なしです。残念ですね。
2010/05/02(日) 21:38:38 | URL | kan #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは、MADAMさん。
お洒落な写りですねぇ・・・
”大人なカメラ”って感じします。。
2010/05/02(日) 22:14:31 | URL | みやっち #-[ 編集]
kanさん、このレンズはここまでの高性能レンズとは思っていませんでしたが、
見事にロッコールしていました。ミノルタオソロシや、侮れませんね。
仰るとおり、これがラピッドでなければ文句なしでありますよ。
2010/05/02(日) 22:27:58 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
みやっちさん、実にいい写りで、上品な写真が撮れますよね。
カメラというかラピッドのコンセプトは初心者でも間違いなく良い写真が撮れる、
ということのようですが、ヘビーでない写真好きのオシャレなカメラになってますね。
多分これを使った人は写真には大満足だったことでしょう。
ただし、スクエアサイズであることと、撮影枚数が少ないことを除いて・・・・・
2010/05/02(日) 22:31:56 | URL | 管理人[MADAM] #.Q7UDCiU[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.